FC2ブログ

ぜーんぶ お金の話:ダイワハウス XEVO E

32歳、年収700万で注文住宅取得。建築費をせきらら告白

ふるさと納税の計算

ワンストップ特例制度が2016年に始まって以降は
毎年ふるさと納税をしています。今年で5年目。

なるべく損をせずに、寄付金上限まで利用したいと思い
税金の勉強を少しずつしていました。

ふるさと納税を始めて5年も経つと
自分で100円単位まで正確に計算できるようになりました。

さて、2020年のふるさと納税は大きな変化点があり注意が必要なようです。

所得税控除額が、
・給与所得控除の上限が220万円→195万円になり▲25万円
・基礎控除は38万円→48万円で+10万円
・年収850万以上で22歳以下の扶養家族がいる人は調整控除が最大+15万円


これらは住民税の控除にも影響あり、計算するときに
間違えないようにしなくては。

2020年は下記2箇所にふるさと納税してみました。

1.愛媛県新居浜市 釜めしセット 2万円
kama.png
<楽天市場のリンク先→ 愛媛県新居浜市

Amazonで購入すると4000円くらいする釜と、炊き込み用の具が5食分ついています。
この釜が欲しくて寄付してみました。簡単にご飯が炊けて白米にも利用しています。
これは寄付してよかったと思える1品でした

2.兵庫県加西市 アラジントースター 5万円
toast.png
<楽天市場のリンク先→ 兵庫県加西市

前から欲しかったトースター。毎日パンを焼いていますが
短時間で焼けるし、美味しいのでこれも寄付してよかった1品

今年はコロナ禍で年収にも影響があるため、
ふるさと納税は年末に計算して、上手に活用したいと思います。






関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する